投稿日:

コラーゲン

通常のタンパク質として、コラーゲンを摂取するより、
フルリクリアゲルクレンズ

コラーゲン自体を摂取した方が、その後のコラーゲン生成が多くなるとも言われています。
コラーゲンを摂取すると、分解されてペプチドになります。
そして、ペプチドがコラーゲンの材料になり、ペプチドはコラーゲンを作る細胞を活性化します。
また、吸収を高めるためには、コラーゲンと共に、ビタミンCなどの栄養分を摂取すると良いので、コラーゲン食材をメニューに入れる際は、それらの栄養素も一緒に取れるように考えましょう。

では、コラーゲンが多く含まれる食材はどのようなものでしょうか。
100グラム中あたりコラーゲンの含まれる量は、牛すじ肉が32グラム、鳥皮が25グラム、軟骨が16グラム、うなぎが7グラム、カレイが6グラム、サザエが4グラムです。
サプリ単独で、1日あたり14グラムもコラーゲンを取ることは、難しいのですから、やはり、食材でも摂取するようにしたいですね。
これらの食材をかわるがわる、食卓に取り入れられたら、育毛の促進にもなり、もちろん、女性が目指す美肌にもなれますから、一石二鳥です。
お父さんのためには、育毛メニューということになりますし、お母さんのためには、美肌メニューになりますから、こうした食材をどんどん取り入れてお料理をして欲しいと思います。
私は個人的に牛すじが大好きなので、シチューや、カレーや、煮込みなど、いろいろなメニューに使っています。
安いし使い回しが効くので、とてもお勧めのコラーゲン食材です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です